FC2ブログ

パソコンの設定について⑥ Windowsで拡張子を表示する

2014.05.31 19:25|パソコン関連
 受け取ったファイルが.docなのか.docxなのかなどを調べたい場合に。
 ただし、「ファイル名の変更」などから拡張子を変更すると、ファイルが開けなくなることがあります。注意してください。

 [スタートボタン]→[コントロールパネル]→[デスクトップのカスタマイズ]→[すべてのファイルとフォルダを表示]→[表示]の「登録されている拡張子は表示しない」のチェックを外す
スポンサーサイト



5月の読書感想文

2014.05.30 20:34|読書
 とはいえ、今月 本を読んだのは、ゴールデンウィークくらいでした。
 それに加え、ゴールデンウィークに家族総出で押し入れの片付けをいたしまして、そのついでに私の持っていた、もう読まないであろう単行本・文庫本・新書本を相当数売却した(5万5千円程度)ため、文芸物はかなり減ってしまったのですが……。
 先月に引き続き、『切れない糸』『和菓子のアン』の坂木司先生の作品(『青空の卵』『仔羊の巣』『動物園の鳥』の「ひきこもり探偵三部作」と、『先生と僕』、『ホテルジューシー』)を読みました。ちなみに、『ホテルジューシー』以外は全て図書館にありました。ありがたや。
 「ひきこもり探偵」三部作は、坂木先生のデビュー作ということですが、坂木先生ならではの「人の持つ弱さ、優しさ」が出ていて、読み終えた後、とても温かな気持ちになりました。そして相変わらずといいますか、食べ物がとてもおいしそうです。
 昔受けた心の傷が原因でひきこもりになってしまった青年・鳥井と、彼と外界とを結びつける物語の語り部・坂木(坂木先生のペンネームは彼からとられたそうです)を中心にした物語です。坂木先生の作品の作品は、推理小説でありながら、人間関係のこまやかな描写などから、「物語」と呼んでしまいます。主人公たち以外にも、魅力的なキャラクターが多くておすすめ。
 『先生と僕』は、かなり軽い気持ちで、気楽に、楽しく読めました(ちなみに、続編に『僕と先生』があるようです)。面白かったのですが、「ひきこもり探偵」シリーズが心にしみた分、まだ物足りない感じです。続編を読めばまた違う感想を抱くかもしれません。
 『ホテルジューシー』は沖縄のホテルが舞台。坂木先生の作品らしく、推理をからめつつ、おいしそうな料理あり、主人公の成長あり、という物語。ただ、女の子が主人公だったせいか、私の感情移入がいまひとつでした(同性は、かえって感情移入しにくいのです……)。ですが、これを読むと、(もともと好きですが、)沖縄に行きたい! と思いますし、沖縄のパワーと、いい加減だけどほっとしてしまえる風土が見事に描写されています。ちなみに、『ホテルジューシー』の姉妹作に『シンデレラ・ティース』がありますが(こちらは歯医者さんが舞台のようです)、こちらはまだ未読。
 あとは大山淳子先生の『猫弁』1・2、逢坂剛先生の『百舌の叫ぶ夜』、秦建日子先生の『サマーレスキュー』、夏樹静子先生の『ビッグ・アップルは眠らない』、伊坂幸太郎先生の『重力ピエロ』などを読みました。ちなみに、母が好きで借りてきたものをさらに借りて読んでいるので、チョイスは母の好みです……(とくに最初の3作品はすべてドラマ関連です)。『猫弁』と『サマーレスキュー』はドラマの脚本の原作と、脚本をもとにした小説ということで、かなりさっくり読めましたし、どちらも読後感が爽やかで、よかったです。
 来月は少し昔の探偵もの小説でも読んでみようかな、という感じです。

パソコンの設定について⑤ スクリーンキャプチャ

2014.05.29 22:20|パソコン関連
 「④」と同じくショートカットキーに関してですが、WinとMacでかなり違っていたので別に項目を立てました。

 スクリーンキャプチャはPrintScreenキー(もしくはFnキー+Prt Scキー)で入力できる(ペイントを開き、画像をペーストする必要がある)。任意のウィンドウのスクリーンキャプチャを撮影したい場合には、Altキー+PrintScreenキーを押す。

 ちなみに、Macではshiftキー+commandキー+3(テンキー不可)で全画面、shiftキー+commandキー+4(テンキー不可)で任意の範囲のスクリーンキャプチャ、shiftキー+commandキー+4(テンキー不可)+スペースキーで任意のウィンドウを、それぞれ撮影することができます。

ビジネス文書②

2014.05.26 20:07|ビジネス文章
 人や物を敬う表現を、表にまとめました。
 他所で使うためにまとめたものなので、読点がカンマになっています。ご容赦を。

0526.png

ビジネス文書①

2014.05.25 19:58|ビジネス文章
 ビジネス文書についてまとめて欲しいと頼まれ、まとめている今日この頃。
 何か参考になるものがありそうでしたら、どうぞ。

・A4用紙1枚に収まるように書く。基本的にはA4用紙を縦長に用い、横書きで書く(礼儀的な挨拶状や案内状などは縦書きで書くこともある)
・1つの文書に1つの用件を書く。テーマ別にファイリングでき、管理しやすいというメリットもある
・わかりやすい文章を心がける。専門用語やあいまいな表現は避ける
・5W2H(When(いつ)、Where(どこで)、Who(誰が)、What(何を)、Why(なぜ)、How(どのように)、How many(いくらで))を意識して書く
・伝えたい内容や、要素が複数あるような場合は、箇条書きにしてまとめる
・適度な分量で段落を分けるようにする。ただし、改行が多すぎるとかえって読みにくくなることもある
・文書全体で、文体を常体(いる、ある、する、思う、願いたい)・敬体(います、あります、します、思います、お願いします)・特別敬体(おります、ございます、いたします、存じます、お願いいたします/お願い申し上げます)のいずれかに統一する。
 社内文書では常体・敬体を、社外文書では敬体・特別敬体を用いる

0525.png

パソコンの設定について④ ショートカット関連

2014.05.24 21:16|パソコン関連
 Macを使っているときは重宝しているのですが、Winを使っているときにはなぜか忘れがちなショートカットキー。
 とはいえMacの「command」をそのままWinの「ctrl」に置き換えれば効果は同じなので、これから積極的に使って行きたいとは思っています……。

 ctrl+a:全選択(allのa)
 ctrl+c:コピー(copyのc)
 ctrl+f:検索・置換(findのf)
 ctrl+n:新規ファイル(newのn)
 ctrl+q:アプリケーションの終了
 ctrl+p:プリント(printのp)
 ctrl+s:保存(saveのs)
 ctrl+v:貼り付け
 ctrl+w:ファイルを閉じる
 ctrl+x:切り取り
 ctrl+z:取り消し(一つ前の状態に戻る)

 「ctrl+p」以外はすべて左手だけで入力できるので、指が覚えてしまうと便利です。

 Adobe InDesignだとcommand+Dは「配置」ですが、Adobe Illustratorだと「変形の繰り返し」だったり(同じAdobeの製品なのに)、ショートカットキーはアプリケーションソフトによっても違うので、とりあえずこのくらいで……。
 ちなみに、SafariとFirefoxでは、command+Dは「このページをブックマーク」でした。

パソコンの設定について③ キーボード関連

2014.05.23 22:06|パソコン関連
ファンクションキー
 F5:部首変換
 F6:ひらがな変換
 F7:全角カタカナ変換
 F8:半角変換
   ※ ひらがな入力時にF8キーを押すと、半角カタカナに変換
 F9:全角英数変換
   ※ をrd→word→WORD→Word→をrd…… の順に変換
 F10:半角英数変換
   ※ をrd→word→WORD→Word→をrd…… の順に変換

入力モードの切り替え
・日本語のON/OFFは「半角/全角」キー、ひらがな・全角カタカナ・半角カタカナの切り替えは「無変換」キー
・言語バーの「KANA」のON/OFFでかな入力のON/OFFの切り替えが可能
・Shiftキー+Caps LockキーでCaps LockのON/OFFの切り替えが可能。Caps LockがONの状態だと、ローマ字入力のさい、入力した欧字が大文字になる。
 Caps Lock状態のときは、Shiftキーを押しながら欧字を入力すると、文字が小文字になる(Caps Lockが解除されている場合と逆になる)

テンキー
・「Num Lock」がOFFの状態だと、テンキーで数字の入力ができなくなる
 ※ これが原因で「テンキーが使えなくなった」と助けを求めてくる方が多いそうです

文字の変換
・スペースで次候補、Shift+スペースで前候補が選択できる
・「変換」キーを押すと、再変換ができる
・変換対象(注目文節という)は太い下線で表示される。注目文節はカーソルキーの←→で文節が移動できる。
 また、Shift+←もしくは→キーで文節区切りの変更が可能

パソコンの設定について② マウス関連

2014.05.21 22:02|パソコン関連
 意外と知られていない・知っておくと便利な小技。

・Ctrlキー+ホイールを上に動かすと拡大表示、Ctrlキー+ホイールを下に動かすと縮小表示。
 ※ Macだとcommandキーで同じ効果(Macの場合、Commandキーとテンキーの「+」で拡大、「−」で縮小、というショートカットもあります)

0521.png


・文中にキャレット(テキスト入力用のカーソル)を入れ、その後に続く任意の文字の後ろでShift+クリックすると、キャレットを入れた次の文字からShiftキー+クリックした文字までの範囲を選択することができる(連続選択)
・Ctrlキーを押しながらクリックすると、任意の箇所(離れた箇所でも可)を複数選択できる(ブロック選択)
・Altキーを押した状態でドラッグすると、矩形の範囲選択ができる

パソコンの設定について①

2014.05.19 21:47|パソコン関連
 Windows XPのサポートが終了して1カ月以上経ちましたね。実は私の持っているパソコン(ノートパソコン)のOSもWindows XPでしたので、4月以降ほとんど使わなくなってしまいました。
 Macがあるからいいか、と思っていたのですが、やっぱりそろそろWindowsも買わなければならないと思い始めています……。
 買ったときにする設定は、買ってすぐに変えたらそのままなので、意外と忘れていることも多いですよね。ちょうど私の家族もパソコンを買い替えて、そのときに質問されたことを、備忘メモとして書きとどめておきます……。
 ちなみに、Windows 8が鳴り物入りで登場していた後で何ですが、Windows 7での設定方法です。

新しいユーザーを追加する
[スタートボタン]→[コントロールパネル]→[ユーザーアカウントの追加または削除]→[新しいアカウントの作成]で、「一般のユーザー」もしくは「管理者」から作成
 ※ 1台のパソコンを複数人で使う場合に必要な設定ですが、意外とやらない設定でもあります
 なお、ユーザーを削除する場合は、「ファイルの保持」または「ファイルの削除」から削除できる。
 前者の場合、ファイルは他のユーザーのファイルとして残る。

Windowsのバージョンの調べ方
[スタートボタン]→[コンピューター]を右クリック→[プロパティ]の「Windows Edition」

そのパソコンで使用可能な記録メディアの調べ方
[スタートボタン]→[コンピューター]の「リムーバブル記憶域があるデバイス」

入力モードの変更
[スタートボタン]→[コントロールパネル]→[キーボードまたは入力方法の変更]の[キーボードと言語]タブ「キーボードの変更」→[全般]の「既定の言語」から選択。
 もしくは言語バーの[ツール]を右クリック→[設定]の「テキストサービスと入力言語」から選択できる
 ※ [言語]タブの「タスクバーに固定する」でタスクバーに固定表示すると邪魔にならなくて良いかも

セキュリティの状態を調べる
[スタートボタン]→[コントロールパネル]→[システムとセキュリティ]内「Windows Update」
 ※ セキュリティの設定を変更する場合は、「設定の変更」から変更可。[重要な更新プログラム]で「更新プログラムを自動的にインストールする(推奨)」に設定しておくのが望ましいようです

 あと、初期設定ではなっていないのですが、設定しておくと意外に便利なもの↓

拡張子の表示
[スタートボタン]→[コントロールパネル]→[デスクトップのカスタマイズ]→[すべてのファイルとフォルダを表示]→[表示]の「登録されている拡張子は表示しない」のチェックを外す
 ※ 「.doc」や「.docx」が表示されていないと、ファイルを開いた後で互換性の問題が生じることがあります。拡張子が表示されていたほうがあとあと便利です

 つづく……かも?

日本の伝統文化をさっくり分かりやすく紹介してくれるムック「YUCARI」

2014.05.17 18:05|読書
 マガジンハウスが発行している「YUICARI」という隔月誌が素敵です。ちなみに私は、Vol.02の和菓子(上生菓子)の表紙に魅了されて買い始めました。
 和風の写真に印象的なものが多く、文章も長くなくて読みやすいです。とくに女性に好まれるムック(BookとMagazineの合成語)ではないかと思います。
 5月20日発売のvol.14は「ふるさと・おくにことば」。方言やことばに興味のある私には渡りに船。
 雑誌はとくに出版不況といわれてる昨今ですが、頑張って続けていってもらいたいですね。
| 2014.05 |
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カレンダー

04 | 2014/05 | 06
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

ページトップへ