FC2ブログ

酉の市

2014.11.21 21:26|四季おりおり
 11月の酉の日は、酉の市が行われます。有名なものは浅草の鷲神社新宿・花園神社の酉の市ですね。
 酉の市は、古事記・日本書紀に登場する日本武尊の命日といわれる11月の酉の日に、今の足立区にある鷲(おおとり)神社に人々がお参りしたのが始まりとも、日本武尊が鷲神社に戦勝のお礼参りをした日ともいわれます。日本武尊が社前の松に持っていた熊手を立てかけたことから、熊手を酉の市の縁起物にするようになったのだとか。
 熊手は、農作業に欠かせない、落ち穂を拾うための道具。そこから、どんな小さな福でも掻き集めて手に入れる、そんな意味が込められています。
 花園神社の大酉祭、浅草の鷲神社とも、二の酉は今日が前夜祭、明日が本祭だそうです。昼の顔と夜の顔、色々な面を持つ新宿ですが、こうした歴史ある行事が今も続いているのも、また興味深いですね。
スポンサーサイト



軽井沢に行って来ました

2014.11.20 19:59|旅行
 今週の休日は、軽井沢に行って来ました。
 もう紅葉は終わっていましたが……雲場池は、水の透明度が高くて驚きました。夏と、紅葉が終わっていなかったらさぞや綺麗だったろうにと思いました。



 それと、旧軽井沢ノ森 トリックアート美術館にも行きました。写真撮影をすると不思議な写真が撮れて、とても面白かったです。視覚って不思議ですね。



 軽井沢聖パウロ カトリック教会。こちらは教会なので中には入らず(無信心な人間ですので……)、外観だけを見て参りました。堀辰雄の小説(『木の十字架』、『風立ちぬ』)に登場したことでも有名で、こちらで結婚式を挙げる著名人のカップルも多かったそうです。

 軽井沢は私の出身地の近くなのですが、改めて訪れることがこれまでほとんどなかったので、散策して楽しかったです。

東京駅一番街の「松竹歌舞伎屋本舗」に行って来ました

2014.11.11 00:26|日本のもの・こと
 東京駅に行ったついでに、松竹歌舞伎屋本舗に行って来ました。
 私はひねもすさんの根付けを買いました。柘植でできた千鳥の根付です。千鳥も根付も好きなのでとてもよい買い物でした。
 一緒に行った母が開運の小槌を買ったのですが、小槌の中に縁起物を入れてくださるときの、職人さんの口上が面白かったです。例えば、狸。他を抜くけれども腹は白いから妬まれない。瓢箪を6つ入れて「無病」、などなど……。縁起物がたくさん入っていて、持っているだけで運気が上がりそうでした。
 日本の縁起物は色々考えていて面白いですね。東京一番街に行ったさいは、ぜひ! 根付以外にも、手ぬぐいや印伝の小物があって楽しかったです。
 私は今度行ったら、「KABUKU〜へん」を買ってみたいと思います!

紅葉

2014.11.05 21:59|四季おりおり
 先週、信州小諸懐古園に紅葉を見に行きました。
 寒くなったとはいえ、山々を見ると、まだ紅葉している木が点在しているようでしたが、一本だけ燃えるように紅葉していた木がありました。
1105.jpg

 今日までですが、東信菊花展も開催されていました(懐古園紅葉まつりは11月16日まで)。
 春の花見と異なり、秋の紅葉狩りはしみじみした感じがします。物悲しさというのでしょうか。
 秋を司る姫は竜田姫といいますが、竜田といえば有名な、在原業平の「ちはやぶる神世も聞かず竜田川 からくれなゐに水くくるとは」(古今和歌集)があります。……私はこの歌を聞くと、落語のほうを思い出してしまうのですが……。

活字の話

2014.11.03 21:01|編集・校正
  「東京活字組版」というWebサイトを見つけました。大正6年創業で現在も活字の鋳造・文選(『銀河鉄道の夜』の主人公・ジョバンニがしていた仕事として有名)・印刷・組版をしている有限会社佐々木活字店さんが運営されているようです。
 現在はパソコンによるDTP(デスクトップパブリッシング、もしくはデスクトッププリプレス)によるオフセット印刷が主流となっていますが、活字組版の文字は判子の原理で印刷しているので、文字の輪郭(マージナルゾーン)がくっきり出て、可読性に優れているそうです(長時間本を読んでも疲れにくい)。
 今となってはかえって贅沢な活字組版、機会があったら自分の名刺などを作りたいものです……!

 余談ですが、以前の記事で紹介した印刷博物館ではこの活字組版の体験ができます。
 ……ちなみに、印刷博物館を運営している「凸版印刷株式会社」の「凸版」がこの活字の印刷技法のこと。写真の印刷技術として有名で、今では写真ページの意味になってしまった「グラビア」は、凸版の逆の凹版だったりします。

Excelの便利な技・7 表をテーブルに変換する

2014.11.02 21:53|Excel便利技
 表をテーブルに変換すると、フィルターモードが適用されたり、列番号を列見出しに置き換えることができます。また、テーブル範囲を簡単に変更できたり、集計行を表示したりもできます。
 まずはテーブルにしたい表内のセルを選択し、[挿入]タブの「テーブル」グループから「テーブル」を選択します。

2014110101.png

 テーブルの作成ダイアログボックスで、選択範囲と、「先頭行をテーブルの見出しとして使用する」にチェックが入っていることを確認し、OKします。

2014110102.png

 表がテーブルに変換されます。

2014110103.png

 先頭行の▼ボタンから、フィルターを適用することができます。
 たとえば「得点」のフィルターで降順を選べば、得点順に並べ替えることができます。

2014110104.png

 テーブル内のいずれかのセルを選択していると、[テーブルツール]タブが表示されます。
 そこからテーブルのデザインを変えたり、見出し行や集計行の有無を選択することができます。
 表をテーブルにすると、データベースが簡単に作れます。
| 2014.11 |
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カレンダー

10 | 2014/11 | 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

ページトップへ