FC2ブログ

Excelの関数・14 SUMTIF関数、SUMIFS関数

2015.07.27 19:33|Excel関数
  以前 COUNTIF関数については書いていたのですが、SUMIF関数については書いていなかったので、久しぶりにExcel関数を更新します。

 SUMIFS関数
 条件にあてはまる項目の数だけを合計します。
 実際にはあまりないと思いますが、7月1日から7月15日までに仕入れた合計数を、品目ごとに知りたいとします。


2015072701.png


 この場合、条件は「品目」ごと、「仕入年月日」が「7月1日以上」で「7月15日以下」となります。
 まず、りんごの個数を求めます。
 G3セルにSUMIFS関数を入れます。
 ウインドウが開いたら、以下のように選んでいきます。


2015072702.png


 「合計対象範囲」は、実際に数える個数です。ここではD3からD22のセル。オートフィルを使うので、絶対参照にします。
 条件範囲は、1つめは「品目」とします。C3からC22です。こちらも絶対参照にします。
 条件範囲(ここでは「品目」)からどの条件を拾うのかが「条件1」です。ここは「りんご」を数えたいので、F3セルを選択します。オートフィルで条件を変えられるようにするので、ここは相対参照にします。
 2つめの条件範囲は、日付になります。日付はB3からB22までの範囲。条件は、まずは7月1日以上なので「>=2015/7/1」と入力してあるF10セル。こちらは、「条件」に直接入力しても構いません。セルを選択する場合は、絶対参照にします。
 今回は、合計する期間の範囲を「15日まで」と定めているので、「<=2015/7/15」のセルも、3つめの条件として選びます。条件範囲は、2つめと同じく、日付の範囲(B3:B22)となります。こちらも絶対参照とします。
 オートフィルもしくはダブルクリックで、G4からG8までドラッグすれば、品目ごとの合計数が出ます。

 SUMIF関数
 SUMIFS関数と、考え方はほぼ同じです。
 単純に、品目ごとの合計個数を求めたい場合には、こちらを用います。


2015072703.png


 SUMIFS関数とは異なり、まず最初に「(条件)範囲」を選びます。この場合は、C3からC22までの絶対参照です。
 次に検索条件。こちらは品目名なので、今回はF13です。オートフィルを使うので、相対参照にします。
 合計範囲は、個数になります。D3からD22までの絶対参照です。
 オートフィルを使えば完成です。合計値も合っています。


2015072704.png
スポンサーサイト



テーマ:Office オフィス
ジャンル:コンピュータ

たまやかぎや

2015.07.25 13:39|四季おりおり
 最近、「わのこと」の「近世」→「江戸雑学」を読み直したら、自分でも忘れかけていた(汗)記事があり、「ああ、これを書いた頃は、江戸時代についてあれこれ本を読んでいたんだなあ……」としみじみ思いました。
 ところで、本日7月25日には、隅田川の花火大会が開催されます。
 先述した「江戸雑学」に、隅田川の花火大会についてすでに書いておりましたので、そこから文章を持ってきました。

 天下泰平の江戸時代、火薬も戦争には用いられず、主に花火などに用いられるようになりました。
 隅田川の花火は享保18年に始まりました。前年の飢饉による死者の霊を慰め、悪疫(この時はコレラが流行していたようです)退散を祈る水神祭で花火を打ち上げたのが名物となったのが始まり。ただ、この時は花火の数は20発前後で、花火の種類は上空に光の放物線を描く「流星」というロケット式花火のみだったようです。
 「たまや、かぎや」の掛け声の由来である玉屋は、両国広小路吉川町の花火屋で、七代鍵屋の手代・清七が開店した店。玉屋が創業されてからは、鍵屋よりも玉屋のほうが隆盛となりましたが、天保14年に火事を出し、玉屋は一代で断絶しました。ただし現在でもかけ声は「たまやかぎや」で、「たまや」が優先。
 因みに当時の花火は、現在のように化学薬品がなかったのでオレンジ一色でしたが、文化・文政頃には花火の種類が数多く考案されたようです。

 Webサイト上に、江戸時代についての記述がずらーっと書いてあって、我ながら読みづらい……と思いましたので、小出しに追加・修正しながらブログに載せていこうかと思います。
 「江戸時代の記事強化月間」ではありませんが、夏の行事は、江戸時代の香りを感じさせるものが多い気がします。

テーマ:日本文化
ジャンル:学問・文化・芸術

土用

2015.07.23 20:39|四季おりおり
 土用は1年に4回あり、それぞれ立春・立夏・立秋・立冬の前の日までの18日間のことをいいます。
 最も有名なのは夏の土用で、土用の最初の日(土用入り)から土用の最終日(土用明け)までを暑中といい、一年で最も暑い時期でもあります。
 土用丑の日にウナギを食べるのは、平賀源内の発案だということはよく知られています。江戸時代にはすでに、土用丑の日は体調を崩しやすいという俗信がありました。陰陽五行説にあてはめると、暑さは「火」で、これに相克するのは「水」。そして水の色は黒とされていました。なので、黒いウナギは、「火」の暑さを消すものとしてちょうどよいと考えられたようです。
 もとは鰻屋の宣伝のために始まったことといいますが、実際、ウナギは夏バテに効果的で、現在でも土用丑の日になると、どのスーパーでもウナギを売っています。

 余談ですが、十二支が名前の通り12であるのに対し、土用の期間は18または19日間あります。つまり、土用丑の日が1日だけの年と、2日ある年があります。
 そして今年、2015年は土用丑の日が2日ある年。ウナギを食べて夏バテを乗り切りましょう。

テーマ:日本文化
ジャンル:学問・文化・芸術

盆踊り

2015.07.15 19:57|四季おりおり
 お盆は、祖先の霊をお迎えして供養する儀式で、正式には「盂蘭盆会」、「精霊会」といいます。本来は旧暦7月の行事でしたが、現在では、月遅れで行うところが多くなっています。8月のお盆は、帰省ラッシュの時期として、毎年ニュースで報道されていますね。盆踊りもお盆に因んだ行事であり、月遅れお盆が一般的となった今、記事にするにはまだ少し早いのですが、旧暦に合わせて記事を書きました。
 地域の親睦を深めるための行事ですが、最近は地方からの移住者が多い首都圏でも開催されているようです。毎年毎年、同じような顔ぶれが揃って踊っている地方では、盆踊りは飽和気味ですが、全く見ず知らずの人と一つの輪になって(もしくは、列になって)踊るというのは、都会では逆に、一体感、繋がりが求められて、新鮮なのかもしれません。
 その盆踊り、鎌倉時代に時宗の開祖・一遍上人が広めた「念仏踊り」が始まりとされています。これに「伊勢踊り」や「小町踊り」などの踊りが加わり、お盆の先祖供養の考えが結びついて広まったのだといわれます。
 有名なものに「阿波踊り」(徳島県)、「郡上おどり」(岐阜県)、「西馬音内の盆踊り」(秋田県)などがあります。

テーマ:日本文化
ジャンル:学問・文化・芸術

お中元

2015.07.14 19:29|四季おりおり
 夏になると、デパートを賑わわせるもの……。それが「お中元」です。
 中国では、旧暦1月15日を「上元」、7月15日を「中元」、10月15日を「下元」といい、先祖にお供えをするという道教の行事がありました。これが日本に輸入され、仏教の盂蘭盆会と結びついたのが、お中元の始まりだといいます。
 もともとは先祖供養などの意味を込めて、両親や親戚に贈答品を贈ったのが始まりだといいますが、それが江戸時代になり、主人が使用人に金品を贈る習慣となり、さらに時代が下って、現在のような仕事で付き合いのある人に贈り物をする、という行事になったのだとか。
 ちなみに、「中元」の熨斗は7月初旬から15日まで、それ以降から立秋までは「暑中お見舞い」、立秋を過ぎたら「残暑お見舞い」となります。関西では、8月初旬から8月15日までを「中元」とする地域もあります。

テーマ:日本文化
ジャンル:学問・文化・芸術

四万六千日

2015.07.10 00:37|四季おりおり
 7月10日の観音菩薩の縁日をいいます。千日祭り、千日詣でともいい、この日に寺社にお参りすると、四万六千日分お参りしたのと同じご利益があるといわれています。起源は江戸中期頃といい、京都の清水寺で始まったといわれます。
 最も有名なのが浅草寺のもので、観音堂の境内ではこの日に合わせて「ほおずき市」が立ちます。ほおずきは江戸時代、遊びや薬用としてよく用いられました。
 このほか、笠森観音(千葉)、長谷観音(鎌倉)、八坂町清水寺観音(長崎)などは、月遅れの8月10日に四万六千日が行われます。関西では月遅れ8月9日・10日が観音の縁日とされています。

テーマ:日本文化
ジャンル:学問・文化・芸術

七夕

2015.07.07 18:42|四季おりおり
 「わのこと」の「四季おりおり」にも載せていますが、本日は七夕なので、七夕について。
 七夕は中国から伝わった牽牛・織女の伝説のほかに、お盆と結びついた行事でもあります。七夕の翌日、飾っていた七夕飾りを海や川に流す「七夕送り」は、お盆を迎える前に身を清めておくための習わしといわれます。余談ですが、歌に歌われる「五色の短冊」の五色とは、中国の陰陽五行説の青(東・春)、赤(南・夏)、白(西・秋)、黒(北・冬)、黄(中央・土用)のことを指します。
 また、このころは収穫の秋を控えた農繁期の時期でもあります。そのため、睡魔を人形などの形代にゆだねて祓い流す習慣が「眠り流し」となり、東北地方の「ねぶた」(弘前では「ねぷた」)や、秋田県の「竿燈祭り」、能代の「ねぶたながし」になっていったといわれます。また、このころほおずき市が開かれますが、本来この時期は農繁期を控えるであり、妊娠して農作業に従事できない女性の存在が死活問題となっていたことから、ほおずきが堕胎薬として用いられたのが由来だといいます……。

テーマ:日本文化
ジャンル:学問・文化・芸術

半夏生

2015.07.02 19:24|四季おりおり
 夏至から数えて11日目の7月2日頃を半夏生といい、七十二候の一つとされています。「半夏」とはサトイモ科の烏柄杓(カラスビシャク)という薬草のことで、この草が生える頃であることから、「半夏生」という名がついたといわれます。一説には、片白草(カタシログサ)というドクダミ科の植物の葉の一部が化粧したように白くなることから、「半化粧」が転じて「半夏生」となり、この草が白く化粧する時期であることから「半夏生」となったのだ、ともいいます。
 半夏生は全国的に季節・気候の変わり目とされ、とくにこの日までに田植えを終えていなければ「半夏半作」、秋の実りが見込めないとされてきました。また、半夏生から5日間は、田植え後の休養をとるところも多いようです。
 半夏生の日は酒や肉をとらず、井戸水を飲むこと、竹やぶに入ることや野菜の収穫を禁止するなど、働くことを忌む伝承が残っています。

テーマ:日本文化
ジャンル:学問・文化・芸術

山開き

2015.07.01 21:28|四季おりおり
 7月1日は富士山の山開きです。
 日本の登山は山岳信仰と深く結びついているため、山開きの日には全国各地から行者が集まり、「六根清浄」と唱えながら山を登り始めます。
 古くは、山は神が宿る場所であり、安易に入ってはならない場所とされていました。ただ後世になり、修験者が山岳修行の霊験を説くようになると、修験者以外の人びとも限られた時期だけ山岳に登り、山の神と交流するようになりました。
 ちなみに、行者が唱える「六根清浄」の「六根」とは、6つの感覚器官すなわち眼・耳・鼻・舌・身・意のことであり、「六根清浄」とは、六根から生じる迷いを断ち切り、清らかな身となることをいいます。霊山を登るときは、六根の不浄を清めるためにこの言葉を口にするのですが、これが転じて「どっこいしょ」になったとも……。

テーマ:日本文化
ジャンル:学問・文化・芸術

| 2015.07 |
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カレンダー

06 | 2015/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

ページトップへ