FC2ブログ

入梅

2016.06.08 19:23|四季おりおり
 6月といえば、梅雨や休みが少ないことから、何となく憂鬱になりがちな月というイメージがあります。
 とはいえ、田植え前後の稲にとって雨は欠かせないものであり、「梅雨」の字が表すように、梅が熟する頃であることから、農事には欠かせない大切な時期。そのため、江戸時代、二十四節気の一つ芒種(現在の6月6日頃)の後の最初の壬の日を入梅、小暑(7月7日頃)の後の最初の壬の日が梅雨明けと、暦の上で定められました。現在でも、気象庁が「梅雨入り宣言」を発表します。
 梅雨入りは、地方によって異なりますが、暦の上では6月11日頃とされます。
スポンサーサイト



テーマ:日本文化
ジャンル:学問・文化・芸術

衣替え

2016.06.01 19:18|四季おりおり
 今日から6月。6月1日は、本格的な夏を前に、衣替えをする日です。
 衣替えは、もともと平安時代の「更衣」といわれる宮中行事から始まった習慣です。平安時代は、旧暦4月~9月にかけて夏装束、旧暦10月~3月までを冬装束としていました。4月1日に夏装束、10月1日に冬装束に衣服を替えたのが、現在も続く衣替えの起源だといいます。
 平安時代には夏・冬のみの衣替えで、宮中でのみ行われていましたが、江戸時代には着衣が多様化したことから、幕府は武士に年4回(4月1日・5月5日・9月1日・9月9日)の衣替えの日を定めました。これが後に庶民にも普及していったようです。
 現在では、制服を着る学生さんが中心の習慣ですが、衣替えした学生さんを見ると、気持ちの切り替えがあっていいですね。

テーマ:日本文化
ジャンル:学問・文化・芸術

| 2016.06 |
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カレンダー

05 | 2016/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

ページトップへ