FC2ブログ

Excelの便利な技・6 ブックの問題点をチェックする

 作成したブックを複数人で共有したり、顧客・取引先などにブックを配布したりする場合に、個人情報や隠しデータなどをチェックして、データから削除するためにドキュメント検査を行います。
 検査の対象には、コメント(ユーザー名や内容そのものが含まれています)、プロパティ(作成者の情報や作成日時が含まれています)、ヘッダー・フッター(作成者の情報が含まれていることがあります)、非表示の行・列・シート(非表示の部分に知られたくない情報が含まれていることがあります)があります。
 ドキュメント検査は、[ファイル]タブ→「情報」→「問題のチェック」→「ドキュメント検査」から行います。

2014102901.png

 すべての検査項目にチェックが入っていることを確認し、検査を実行します。

2014102902.png

 個人情報や隠しデータの含まれている項目には、「すべて削除」のボタンが表示されます。
 不要なものは「すべて削除」ボタンを押し、すべて削除し終わったら「閉じる」をクリックします。
スポンサーサイト



コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

Copyright © コトノハナ。@備忘録 All Rights Reserved.