FC2ブログ

活字の話

  「東京活字組版」というWebサイトを見つけました。大正6年創業で現在も活字の鋳造・文選(『銀河鉄道の夜』の主人公・ジョバンニがしていた仕事として有名)・印刷・組版をしている有限会社佐々木活字店さんが運営されているようです。
 現在はパソコンによるDTP(デスクトップパブリッシング、もしくはデスクトッププリプレス)によるオフセット印刷が主流となっていますが、活字組版の文字は判子の原理で印刷しているので、文字の輪郭(マージナルゾーン)がくっきり出て、可読性に優れているそうです(長時間本を読んでも疲れにくい)。
 今となってはかえって贅沢な活字組版、機会があったら自分の名刺などを作りたいものです……!

 余談ですが、以前の記事で紹介した印刷博物館ではこの活字組版の体験ができます。
 ……ちなみに、印刷博物館を運営している「凸版印刷株式会社」の「凸版」がこの活字の印刷技法のこと。写真の印刷技術として有名で、今では写真ページの意味になってしまった「グラビア」は、凸版の逆の凹版だったりします。
スポンサーサイト



コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

Copyright © コトノハナ。@備忘録 All Rights Reserved.