FC2ブログ

長き夜のとをの眠りの皆目覚め波乗り船の音の良きかな~初夢について~

 サイトにも載せてありますが、正月二日の夜に見る夢が一般的に「初夢」とされていますので、初夢について下に載せました。

 昔は書き初め、稽古始め、仕事始めなど、年初めの行事が二日であったことから、二日に見る夢を初夢として重視したようです。
 縁起の良い初夢として知られているのは、「一富士二鷹三茄子」。この後は四が綿、五が煙草……と続いているそうです。富士山は日本一の山、鷹は高いの語呂合わせ、茄子は「事をなす」ことから高い志を実現するということで、縁起が良いとされました。ただ、これには諸説あり、鷹がもとは「愛鷹山(あしたかやま)」のことで、高いもの尽くしである(標高の高い富士山と愛鷹山、それに元禄時代に非常に高値であった茄子)ことが由来であるとも、この一から五までが駿河(現在の静岡県)の名物で、これは江戸時代、天下をとった三河国出身の徳川家康にあやかろうとしたものだともいわれています。
 「長き夜のとをの眠りの皆目覚め波乗り船の音の良きかな」という歌(上から読んでも下から読んでも、同じ文になります)を書いた宝船の絵を枕の下に敷いて寝ると、良い初夢が見られるそうです。
スポンサーサイト



コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

Copyright © コトノハナ。@備忘録 All Rights Reserved.