FC2ブログ

新書の面白さ

 一時期、図書館の新書コーナーを左から右に、上から下に眺めて、面白そうな本を探している時期がありました。
 上製本に比べて廉価なわりに内容の濃いものが多く、入門書としても便利ですし、座右の書としてひじょうに良いです。
 日本を代表する中国学者、故・白川静氏の著書『漢字─生い立ちとその背景─』(岩波新書)の冒頭に、ことばと文字について、ひじょうに分かりやすく、しかも美しくまとまっていて、まだ扉をめくったばかりなのに見入ってしまったことがあります。
 その冒頭を(少し長めですが)引用しました。

 『はじめにことばがあった。ことばは神とともにあり、ことばは神であった』と、ヨハネ伝福音書にはしるされている。たしかに、はじめにことばがあり、ことばは神であった。しかしことばが神であったのは、人がことばによって神を発見し、神を作り出したからである。ことばが、その数十万年に及ぶ生活を通じて生み出した最も大きな遺産は、神話であった。神話の時代には、神話が現実の根拠であり、現実の秩序を支える原理であった。人々は、神話の中に語られている原理に従って生活した。そこでは、すべての重要ないとなみは、神話的な事実を儀礼としてくりかえし、それを再現するという、実修の形式をもって行なわれた。
 神話は、このようにしてつねに現実と重なり合うがゆえに、そこには時間がなかった。語部(かたりべ)たちのもつ伝承は、過去を語ることを目的をするものではなく、いま、かくあることの根拠として、それを示すためのものであった。しかし古代王朝が成立して、王の権威が現実の秩序の根拠となり、王が現実の秩序者としての地位を占めるようになると、事情は異なってくる。王の権威は、もとより神の媒介者としてのそれであったとしても、権威を築きあげるには、その根拠となるべき事実の証明が必要であった。神意を、あるいは神意にもとづく王の行為を、ことばとしてただ伝承するだけでなく、何らかの形で時間に定着し、また事物に定着して、事実化して示すことが要求された。それによって、王が現実の秩序者であることの根拠が、成就されるのである。
 この要求にこたえるものとして、文字が生まれた。そしてまたそこから、歴史がはじまるのである。文字は、神話と歴史との接点に立つ。文字は神話を背景とし、神話を承けついで、これを歴史の世界に定着させてゆくという役割をになうものであった。したがって、原始の文字は、神のことばであり、神とともにあることばを、形態化し、現在化するために生まれたのである。……
(白川静『漢字─生い立ちとその背景─』岩波書店、1970年、2-3ページ)

 拙サイトのコンテンツ「ことのは」がこの文章の影響を受けた劣化版であるという事実はさておき、ことばと文字について、そして神話が何であるかについても、ここで述べられています。そのうえ、文字が生まれたところから歴史が始まる……という記述。ほんとうに素晴らしい。碩学の書かれた文章は、学術的に素晴らしいだけでなく、文章も美しいものですね。
 白川静氏の著作ではないと思うのですが、「神話は物語の極致である」という記述を他で目にしたことや、現在の文芸作品、とくにファンタジーは神話に典拠が多くあることなどから、私はずっと「神話」について興味を持っていました。本当かどうか確かめたわけではありませんが、現在ある物語の類型はすべて、神話に原型が認められるのだそうです。そしてつい先日、「神話とは、現実の世界を説明するもの」というある先生のことばを聞き、改めて「神話」について考えるとともに、どの本屋さんにもあって、多くの人が手に取ることができる新書に、世界の真理についての記述があるのだなあ……と感じ入りました。
 「事実は小説よりも奇なり」(バイロン)ではないですが、気軽に手に取れる新書の内容の濃さに驚いてからは、文芸物の小説ではなく、もっぱら人文系の新書を読むようになりました。専攻の関係上、日本文学に関する内容の新書を読むことが多いのですが、典拠の解説や注解の載った本を読んでから原典にあたると、また違った見方ができて面白いです。
スポンサーサイト



コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

Copyright © コトノハナ。@備忘録 All Rights Reserved.