FC2ブログ

七草粥

 七草粥は、中国で官吏昇進を決めたのが一月七日であったことから、その朝、薬草である若菜を食べて、立身出世を願ったのが起源だといわれています。この行事が日本に伝わり、最初は宮廷の儀式であったものが、江戸時代に「七草の節句」に定められました。この日は、明治時代の改暦以前には、五節句(三月三日の上巳、五月五日の端午、七月七日の七夕、九月九日の重陽、正月七日の人日)の一つ「人日の節句」として公式に祝われていたのです。
 七草の種類には、地域差がありますが、一般的には芹・薺(なずな)・御形(ごぎょう)・繁縷(はこべ)・仏座(ほとけのざ)・菘(すずな)・蘿蔔(すずしろ)の七種といわれています。七草は六日の昼に摘み、七日の朝に調理しました。七草を刻むときは、七草を俎板に載せて囃して(「七草の囃し」、または「七草囃子」といいます。「唐土(とうど)の烏が日本の土地へ渡らぬ先になずなななくさ(ななくさなずな)」、もしくは「唐土の烏と日本の烏と渡らぬ先に、ななくさなずな手に摘み入れて」などと歌います)叩き、調理しました。この七草の囃しは、鳥追い歌と結びついているといわれています。
 正月六日の夜から七日の朝までを「六日年越し」「六日年取り」などといい、元日から続けられた正月行事が終わる幕の内最後の日に行われる行事が、この七草粥です。伊勢神宮でも、現在も正月七日に内宮・外宮に若菜の粥をお作りしてお供えするそうです。
 正月のご馳走で疲れた胃を癒し、青菜の少ない時期に栄養を取り入れられることから、七草粥を食すのは、実際に健康にとってもよいことのようです。
 余談ですが、正月十五日の小正月に食べる小豆粥も、かつては「七種粥」という名でした。こちらに入れられたのは、米・粟・稗・黍・小豆など七種。小豆は赤い色をしていることから、魔除けとして赤飯などにも用いられます。
スポンサーサイト



コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

Copyright © コトノハナ。@備忘録 All Rights Reserved.