FC2ブログ

節分

 節分は、もとは春・夏・秋・冬の節の分かれ目ということで、立春・立夏・立秋・立冬の4つを意味していましたが、現在では立春の前日のみを「節分」と呼んでいます。
 この立春の前日に行われる節分は、もともと中国の宮廷儀式が奈良時代に日本に伝わったもので、平安時代に大晦日に行われる「鬼やらい」、「追儺(ついな)」となりました(この行事が大晦日に行われたのは、当時は立春が一年の始まりと考えられていたためです)。節分の日に豆をまくようになったのは室町時代からで、この行事が庶民に広がったのは江戸時代だそうです。
 豆をまくことに関しては、豆が「魔目」なので鬼の目を退治できるという説、豆が「魔滅」を意味するという説、五行説では硬い豆が「金」に当たるので金の気を打ち消して春(木)の気を助けるという説など様々ありますが、健康であることを「まめ」というのが大豆の「豆」に語呂を合わせたものであることから、豆、特に日本人にとってなくてはならない食材である大豆が、邪気を祓い、健康をもたらすものと考えられていたということはできるようです。
 季節の変わり目には鬼が疫病や災いをもたらすと考えられていたため、このような行事が行われるようになったそうですが、立春から数えて88日目の「八十八夜」や、同じく210日・220日の「二百十日」「二百二十日」などは農業の目安日となっていたり、節分の日に「豆を打つ」ではなく「豆をまく」のは農作業で豆を畑に蒔くしぐさを表していたりと、節分は農業と結びついた行事でもあるようです。
 豆まきでは、年男が「鬼は外、福は内」と言いながら鬼を外へ追い出すように豆をまき、福が逃げないように家の戸を閉めていきます。豆は自分の年の数、もしくはそれより1つ多く食べると1年間 無病息災に過ごせるといわれています。お年寄りはたくさん豆を食べるのが大変なので、豆にお茶を注いで「福茶」として飲んでも、豆を食べたのと同じ御利益があるそうです。
 節分といえば、最近では恵方巻きが流行っていますが、これはもともと関西発祥の行事のようです。恵方とは明(あき)の方ともいい、その年の福を司る神様(歳徳神)がいらっしゃる「よろず吉」の方角。この恵方巻では、恵方を向いて、七福神に因んだ7種類の具が巻かれた太巻きを無言で食べるのが約束事となっています。
 ちなみに今年の恵方は、おおよそ西南西だそうです。
スポンサーサイト



コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

Copyright © コトノハナ。@備忘録 All Rights Reserved.