FC2ブログ

初午と建国記念日

 今年は初午と建国記念日が重なっています。
 なので、初午と建国記念日、両方をこの記事に載せてしまいます。

[初午]
 初午とは、2月最初の午の日をいいます。初午の日には、全国に3万あるとされる稲荷社は初午詣でで賑わいます(現在では、初午の日の金曜日などに、初午のお祭りを行うお稲荷さんも多いようです)。
 初午の日は、和銅4(711)年、京都伏見の伊奈利山に祭神が降臨した日とされ、これが全国の稲荷社の総本山である京都伏見稲荷の縁起とされています。初午の日に行われる祭礼は、この縁起に因んだ行事となっています。
 お稲荷さんといえば狐ですが、平安時代以降、仏教の守護神である荼枳尼天が稲荷と習合し、その荼枳尼天が狐に乗って飛ぶことから、狐が稲荷の使女(つかわしめ)と考えられるようになったのだといいます。上記の他にも、稲荷の主祭神である宇迦之御魂神(うかのみたまのかみ。倉稲魂神とも)が食物を主宰する神・御食津神(みけつかみ)であり、その神名が「三狐神(みけつかみ)」と当て字されたことが、お稲荷さんと狐とが深く結びついている所以ともいわれています(※狐とお稲荷さんとの関係については、諸説あります)。
 稲荷の語源が稲成である(「いなり」を「稲成」と書く島根県の太皷谷稲成神社があります)といわれていることからも分かるように、稲荷は五穀豊穣の神、さらに商売繁昌の神ともなりました。
 狐は普段山にいますが、春先になると里に下り、秋になるとまた山に戻ることから、田の神およびその使女として信仰されていたようです。田の神は、春先に山の神が下りてきて田の神になるとされており、この神様を農神、地神、作神、エビス、大黒などと呼ぶ地域があることから、田の神が様々な神様と習合している神様でもあることが分かります。春先に山遊びなどの行事が行われるのも、山にいる神様がまた里へ下りてもらうよう迎える風習があったためだといいます。
 狐が稲荷の使女であり、また田の神およびその使女とされたこと、また稲荷神が稲作の神であることから、これらが結び付き、現在のお稲荷さんになったのでしょう。

[建国記念日]
 戦前は「紀元節」と呼ばれ、1948年に占領軍の意向によって廃止されましたが、1966年に「建国記念の日」として復活しました。「建国記念の日」は、「建国を記念し、国を愛する心を養う目的で制定された国民の祝日」とされています。
 1873年に神武天皇即位の日をもって祝日としたのが「紀元節」です(1872年時点では、1月29日と定められていました※)。1889年2月11日に大日本国憲法、皇室典範が公布されたことから、国家的祝日とされました。現在も紀元節問題などが起きてはいますが……。

 ※……『日本書紀』には、神武天皇の即位の日が「辛酉年春正月、庚辰朔」すなわち1月1日とあり、1873年の旧暦1月1日が新暦の1月29日にあたったことから。
スポンサーサイト



コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

Copyright © コトノハナ。@備忘録 All Rights Reserved.