FC2ブログ

三種の神器

 ヤマタノヲロチの記事を書いた後、三種の神器についてサイトであまり触れていなかったことに気づいたので、簡単に述べてみます。
 なお、戦後日本において、電化製品の三種の神器は白黒テレビ・冷蔵庫・洗濯機。お弁当の三種の神器は赤ウインナー・卵焼き・鮭だったそうです。
 神武景気や岩戸景気など、記・紀神話に由来する命名がまだまだ多かったのですね。

 三種の神器
 八咫鏡八尺瓊勾玉天叢雲剣のことを指します。『古事記』及び『日本書紀』第九段第一の一書ではその三種の宝が、アマテラスから天孫へと渡されていますが、『日本書紀』第九段第二の一書には「宝鏡」のみしか見られず、『古語拾遺』(※)には鏡と剣の二種の宝しか見られません。また、アマテラスが鏡を自分の魂と思うようにと発言していることから、所謂「三種の神器」の中で鏡は別格の扱いを受けています。
 これらのことから、本来は「鏡」のみが神宝の起源として語られ、そこに別の説話として存在していた剣が宝に加えられ、さらに勾玉が加わったのではないかといわれています。

※……中臣氏と並んで祭政に関わってきた斎部氏が記した歴史書で、記紀に漏れた伝承を含んでいます。

[八咫鏡]
 「八」は実際の数ではなく、数が大きいことを意味するので、「八咫鏡」は単に「巨大な鏡」と解されます(※咫は現在の16センチ弱)。
 アマテラスが天の岩屋戸にこもって世界が暗黒に包まれたとき、アマテラスを天の岩屋戸から呼ぶための神事において用いられた鏡で、イシコリドメが作ったとされています。鏡は太陽の光を反射することから、特に日神との関わりが強いとされ、アマテラスは天孫ホノニニギに八咫鏡を授ける際、「この鏡を私の魂とし、私を拝むようにこの鏡を拝みなさい」と発言しています。
 この鏡は伊勢神宮に祀られていますが、神聖性や霊威性を損なう恐れがあるため、見ることはかないません。ただ、『皇太神宮儀式帳』によれば、鏡の納められている御樋代の直径が1尺6寸3分(約49センチ)で、鏡の直径もおよそそれに近いと考えられています。
 ちなみに八咫鏡と同じつくりの鏡が宮中に置かれているそうで、その鏡は宮中の別殿・賢所(内侍所)に祀られているということです。
[八尺瓊勾玉]
 アマテラスが天の岩屋戸にこもったとき、タマノオヤノミコトが作ったとされるのが、この勾玉とされています。正確には「八尺の勾玉の五百津の御須麻流の珠」(『古事記』)で、ここでは勾玉を中心に色々な管玉・丸玉を連ねた首輪のことを指しています。
 こちらは宮中にあるようですが、神璽と呼ばれる箱に納められ、歴代天皇も見ることがかなわないそうです。
[天叢雲剣]
 名称については、『日本書紀』第七段に「蓋大蛇所居之上常有雲氣故以名歟」とあります(「天叢雲剣」の「天」は尊称)。土着の神であったと考えられるヤマタノヲロチの尾から出た剣はアマテラスに献上され、天孫降臨やヤマトタケルの東征など、土着民を征服するときに用いられました。そこから、この剣は朝廷の武力の象徴であると捉えられています。
 この剣は、江戸時代に熱田神宮の宮司が見たという伝が残されており(『玉籤集』)、それによれば長さ2尺7~8寸(約80センチ)、白銅製の剣であったということです。
 ちなみに別名である「草薙剣」については、沖縄で青大将のことをオーナギ・オーナガ・オーナギリなどということから、ナギは本州においても古くは蛇を意味したのではないかといわれています。クサはクソと同根で、獰猛・勇猛などの意。よってクサナギとは古くは「獰猛な蛇から出た剣」であったと解されます。
 記紀ではヤマトタケルが東征の際に草を薙ぎ払ったことから「草薙剣」の名がついたとされていますが、本来の意味は「獰猛な蛇から出た剣」であり、その名称から草を薙ぎ払って火から身を守るという伝説がついたのではないかという説もあります(佐竹昭広説)。ちなみに、「都牟刈太刀(つむがりのたち)」など多数の別名があります。この剣は、平家滅亡のさいに失われたともいわれています。
スポンサーサイト



コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

Copyright © コトノハナ。@備忘録 All Rights Reserved.