FC2ブログ

雛祭りについて

 3月3日は「雛祭り」の日(上巳)です。上巳とは、旧暦3月上旬巳の日であり、もともとはこの日行われていた行事を指しますが、後にその行事が3月3日に固定されるようになりました。
 もとは水辺で禊ぎをする行事であったものが、人形(ひとがた)を流すことによって穢れを払う儀式になったといいます。その人形が、平安時代に貴族の女子が興じた「雛遊び」の人形になり、更にそこに貴族が興じていた3月3日の「曲水の宴」(上流から流される杯が自分の前を過ぎないうちに詩歌を作り、杯を取り上げてお酒を飲んで、次へ流すという催し)が加わったものが、現在の雛祭りといわれています。現在の雛祭りでも、蛤のお吸い物など、貝の料理が出てくるのは、もとは海辺の行事であったことに因むといいます(※)。
 人形は古くは「ひとがた」と読み、祓えの時に形代として用いたものとされます。人形を自分の代わりとして、自分の穢れを背負わせ、その人形を川に流すことによって自分の穢れを清めるというものでした。ただ、時代が下るにつれ、人形が豪華で立派なものになり、川に流すことが難しくなったため、現在のように雛祭りが終わったらすぐに片づけることを雛流しに換えたのだといわれています。なお、「人形」を「にんぎょう」と呼ぶ呼び方が一般化したのは江戸時代といわれ、人形が遊び道具となったのもこの頃からのようです。
 雛祭りといえば欠かせない菱餅は、上から赤・白・緑で、桃の花・白酒・蓬を表しているといい、また赤は疫病除けや魔除け、白は清浄、緑は蓬の色で邪気を祓う力がある、とされています。さらにいえば、古来桃は悪い力を退けるとされ、蓬(古くは、餅には母子草を用いた)は薬草として用いられたことから、病を追い払う力があるとされていました。
 餅の形が菱形なのは、仏典に、龍に襲われそうになった娘を救うのに菱の実を用いたといういわれがあるそうです。

※……新谷尚紀『日本の「行事」と「食」のしきたり』(青春出版社)による。 また、蛤には夫婦和合の願いが込められているともいわれます。
スポンサーサイト



コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

Copyright © コトノハナ。@備忘録 All Rights Reserved.