FC2ブログ

近代の日本語について(漢字・2)

 明治期に盛んになった漢字制限論ですが、実現をみないまま(※)時は流れ、第二次世界大戦後の1946年になって『当用漢字表』(1850字)が決定されました。
 さらに漢字の音訓を示した『当用漢字音訓表』(1973(昭和48)年改定)と『当用漢字別表(いわゆる「教育漢字」881字)』(1948(昭和23)年)、『当用漢字字体表』(1949(昭和24)年)、『人名用漢字別表』(1951(昭和26)年。1976(昭和51)年に『人名用漢字追加表』により28字追加)などが出されました。
 とはいえこの時代になると、漢字制限が逆に不自由になるとして、審議を経て、1981(昭和56)年『常用漢字表』(1946字)が内閣告示されました。『当用漢字表』はこの後も、パソコンなどの普及を理由に、2010(平成22)年に改訂されています。
 なお、『当用漢字字体表』(1949(昭和24)年)のさい、これまでと字体の変わった漢字があり、従来の活字体が旧字体、新しい活字体が新字体と呼ばれるようになります。ただし、このときの整理の方針が2010年の改定で採られなかったことで、のちに問題が生じてしまうのですが……。

 『当用漢字表』にない漢字(表外字)や、『当用漢字音訓表』に音訓のない漢字(表外音訓)は別のことばに換えたり(言い換え)、かな書きにする(書き換え)必要がありました。言い換えには、「旱魃」を「ひでり」、「播種」を「たねまき」にするなどがあり、書き換えには、「註」を「注」に、「歎」を「嘆」に、「日蝕」を「日食」にするなどがあります。このほか、ひらがな書きにしたり、振り仮名(ルビ)をつけることもあります。
 ほかにも、漢字には「拡張新字体」の問題など(代表例として、Windows XPとWindows Vista以降で表示される字体が異なる)もあるのですが、これについてはまたいずれ。

※……1923(大正12)年に『常用漢字表』1926字、1931(昭和6)年にこの漢字表が修正(1858字)、1942(昭和17)年『標準漢字表』が決定されましたが、太平洋戦争が深刻化したため、一般には広がりませんでした。
スポンサーサイト



コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

Copyright © コトノハナ。@備忘録 All Rights Reserved.