FC2ブログ

春分の日

 春分の日は、太陽が黄経0度を通過する日。太陽が真東から出て真西に沈むため、昼と夜の長さがほぼ等しくなる日です。「暑さ寒さも彼岸まで」といいますが、春の春分・秋の秋分を中日にした前後三日、合わせて七日間が「彼岸」であり、それぞれの彼岸の中日である春分及び秋分を境に昼と夜の長さが徐々に逆転し、気候も変わってゆきます。
 「彼岸」という言葉はもとは仏教のことばで、悟りを開いた涅槃の境地を「彼岸」(梵語 波羅蜜/波羅蜜多の漢訳)といいます(それに対することばが「此岸」です)。仏教では西方に極楽浄土があると考えられているので、太陽が真東から昇り真西に沈むこの春分の日に、沈む太陽を通して極楽浄土と交わることができるとされました。お彼岸にご先祖様のお墓参りをするのも、このような考えが下地になっているようです(ご先祖様のお墓参りをするのは、仏教を信仰する国の中でも日本独特の行事のようです)。
 春のお彼岸は季節の花である牡丹に因んで牡丹餅、秋のお彼岸は萩に因んでおはぎといいますが、この日、牡丹餅やお団子などの甘い物をご先祖様にお供えするのは、不老不死の甘い飲み物を「甘露」ということに因んでいるといいます。
 余談ですが、春の牡丹餅・秋のおはぎは糯米を搗かなくてもよいことから「月知らず」、さらに月が見えない方角である「北窓」、搗き知らずを着き知らずとかけていつ着いたか分からない「夜舟」という別名もあります。
 同じお菓子でも季節によって名前を変えるのがまた楽しいですね。
スポンサーサイト



コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

Copyright © コトノハナ。@備忘録 All Rights Reserved.