FC2ブログ

端午の節句

 五月五日は端午の節句。「端午」の「端」は「初」の意味で、本来は「月初めの午の日」を指します。「午」と「五」が同音であること、月と日の数が重なる日を祝日とする習慣(三月三日、七月七日、九月九日なども節句とされています)から、五月五日を「端午」として行事が行われるようになりました。
 旧暦五月(新暦だと六月頃)は気温が高く、雨が降り、病気が蔓延しやすいことから、悪月(あしげつ)とされていました。古代中国で邪気を祓うために野に出て薬草を摘んだり、菖蒲酒を飲んだりした習わしが奈良・平安時代に日本に伝わったのが、端午の節句の行事の始まりといわれています。
 中国の伝統に、日本に古くからあった「田植えをする女性(早乙女)が、田植え前に身を清める」習わし(さつきのもの忌み)が加わり、五月五日に菖蒲湯に入り、身を清めるようになったと考えられています。
 なお、五月五日が男の子の節句として祝われるようになったのは、三月三日に対応させてとも、また「菖蒲」が「尚武」に通じることから、武家社会に取り入れられたためともいいます。
スポンサーサイト



コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

Copyright © コトノハナ。@備忘録 All Rights Reserved.