FC2ブログ

六月も半ばを過ぎました

 ご無沙汰しています。浅間山の噴火、不安定な天気……と、最近は気が滅入ることも多いですね。
 6月といえば梅雨。雨は稲作に欠かせないもののため、梅雨入りを知ることは農事に欠かせないことでした。梅の時期に当たることから「梅雨」と書きますが、旧暦では5月に当たるので、「五月雨(さみだれ)」も梅雨の雨を指しています。また、「五月晴れ」も本来は、梅雨の時期の晴れた天気を指していました。
 雨をとめるおまじないとして有名なものには、「てるてる坊主」があります。平安時代に中国から入ってきた、箒を持った紙人形「掃晴嬢(そうせいじょう)」が変化したものですが、日本では修験者や僧侶が男性なので、「てるてる坊主」は男性なのだといいます。
スポンサーサイト



コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

Copyright © コトノハナ。@備忘録 All Rights Reserved.