FC2ブログ

半夏生

 夏至から数えて11日目の7月2日頃を半夏生といい、七十二候の一つとされています。「半夏」とはサトイモ科の烏柄杓(カラスビシャク)という薬草のことで、この草が生える頃であることから、「半夏生」という名がついたといわれます。一説には、片白草(カタシログサ)というドクダミ科の植物の葉の一部が化粧したように白くなることから、「半化粧」が転じて「半夏生」となり、この草が白く化粧する時期であることから「半夏生」となったのだ、ともいいます。
 半夏生は全国的に季節・気候の変わり目とされ、とくにこの日までに田植えを終えていなければ「半夏半作」、秋の実りが見込めないとされてきました。また、半夏生から5日間は、田植え後の休養をとるところも多いようです。
 半夏生の日は酒や肉をとらず、井戸水を飲むこと、竹やぶに入ることや野菜の収穫を禁止するなど、働くことを忌む伝承が残っています。
スポンサーサイト



コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

Copyright © コトノハナ。@備忘録 All Rights Reserved.