FC2ブログ

四万六千日

 7月10日の観音菩薩の縁日をいいます。千日祭り、千日詣でともいい、この日に寺社にお参りすると、四万六千日分お参りしたのと同じご利益があるといわれています。起源は江戸中期頃といい、京都の清水寺で始まったといわれます。
 最も有名なのが浅草寺のもので、観音堂の境内ではこの日に合わせて「ほおずき市」が立ちます。ほおずきは江戸時代、遊びや薬用としてよく用いられました。
 このほか、笠森観音(千葉)、長谷観音(鎌倉)、八坂町清水寺観音(長崎)などは、月遅れの8月10日に四万六千日が行われます。関西では月遅れ8月9日・10日が観音の縁日とされています。
スポンサーサイト



コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

Copyright © コトノハナ。@備忘録 All Rights Reserved.