FC2ブログ

八朔

 「朔」とは1日のこと。八朔とは、8月1日のことをいいます。ちなみに、みかんの「はっさく」は、この頃 食べられることから、この名がついたといいます。
 新暦では8月下旬から9月頃にあたり、ちょうど台風が上陸する時期でもあります。なので、八朔は、稲の穂が無事に実るよう願いを込め、「たのみの節句」(「頼み」と「田の実」をかけて)ともいわれます。
 鎌倉時代には、武家社会で「頼み」(=相手に贈り物をして、繋がりを強めておく)の風習が取り入れられ、主従関係を強めるための「八朔の祝い」とする贈答が行われました。
 江戸時代になると、この日は徳川家康が江戸城に入った日とされ、重要視されるようになりました。諸大名などがこの日 白帷子の盛装で登城したことを真似て、吉原でも遊女が白無垢を着て花魁道中を行ったこともあるそうです。
スポンサーサイト



コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

Copyright © コトノハナ。@備忘録 All Rights Reserved.