FC2ブログ

秋の七草

 もうすぐ中秋の名月。日本人は古来、「もののあはれ」という美観に合う秋を、特に絵画など芸術作品の主題にすることが多いようです。
 生命が躍動する春も素晴らしいですが、雪に覆われ、長く耐え忍ぶ冬を前に、美しく色づく秋。その秋を彩る七草といえば、萩・尾花・撫子・葛・女郎花・藤袴・桔梗のことを指します。これは山上憶良が『万葉集』に詠んだことからとされます。
 山上憶良が詠んだのは、「萩の花 尾花 葛花 なでしこの花 女郎花また藤袴 朝顔の花」ですが、このうち尾花はススキ、朝顔は現在の朝顔ではなく、桔梗のことだとされます。
スポンサーサイト



コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

Copyright © コトノハナ。@備忘録 All Rights Reserved.