FC2ブログ

エビス様

 日本中の神様が出雲に集ってしまう10月、居残る神様は恵比寿様だけだとされています。その恵比寿様をねぎらうために行われるのが「えびす講」ですが、行われる日は地域によって様々です(10月20日・11月20日のほか、十日えびすと呼ばれる1月10日・1月15日前後、など)。
 ヒルコ(※1)が後にエビスとなった(※2)とか、「夷」(えびす)という字(※3)や、漂流物を「エビス」と呼ぶことなどから、エビス様はまろうど神(※4)であるとか、エビス様はひじょうに興味深い神様でもあります。
 10月中は、神無月に留守を預かるエビス様のことをあれこれ考えてみたいと思います。

※1……「わのこと」の「上代」→「国生み」参照。イザナキ・イザナミから生まれた最初の子。不具の子であったため、船に流され捨てられてしまいました。
※2……芸能人の方の名字にもありますが、「蛭子(ヒルコ)」を「エビス」と読むのはそれに因みます。
※3……「東夷」などの「夷」です。未開の地の異民族や外国人を蔑む語です。
※4……民俗学で、異郷から来訪する神をいいます。
スポンサーサイト



コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

Copyright © コトノハナ。@備忘録 All Rights Reserved.