FC2ブログ

女房詞

 毎日 しゃもじを使っているのですが、「そういえばこれも一種の社会方言(女房詞)だったなあ……」とふと思ったので、以下、女房詞について書いています。
 ちなみに、女房詞とは、宮中奉仕の女官が使っていたことばで、後に町家の女性にまで広がったことばのことをいいます。

 女房詞には一定の造語パターンがあり、そのうちの一つに「もじ言葉」があります。これは、物の名の下に付けて、その物を婉曲的に表現した用法で、現在も用いられている「しゃもじ」(杓子)などがそうです。
 この他、「あもじ」(姉)、「いもじ」(烏賊)、「うもじ」(内方=他人の妻の敬称または宇治茶のこと)、「えもじ」(海老またはエソ=狗母魚)、「おくもじ」(茶漬け飯)、「おはもじ」(恥ずかしいこと。はもじ)、「おめもじ」(お目にかかること。めもじ)、「かもじ」(母または妻。「髪」を意味する「かもじ」もある)、「くもじ」(還御または酒、あるいは漬けた菜)、「こもじ」(鯉または小麦)、「すいもじ」(好いた相手)、「すもじ」(寿司)、「そもじ」(あなた、そなた)、「ともじ」(父)、「にもじ」(にんにく)、「ぬもじ」(盗人)、「ねもじ」(練貫、練り絹、葱)、「ふたもじ」(韮)、「ふもじ」(鮒または文)、「ほもじ」(干飯)、「みもじ」(味噌)、「ゆもじ」(浴衣)、「りんもじ」(悋気。やきもち)などがあります。
 他に有名な女房詞には、頭に「お」を付けるものがあります。強飯が「おこわ」となり、田楽が「おでん」となったのがこの例です。おかず、おひやなどもそうです。
スポンサーサイト



コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

Copyright © コトノハナ。@備忘録 All Rights Reserved.