FC2ブログ

花街あれこれ③(源氏名)

 「源氏名」は、遊女が『源氏物語』五十四帖の巻名になぞえて名前をつけるもので、妓楼に代々伝わる名前でした。『源氏物語』の巻名だけでは数が限られるので、それぞれ風雅な名前をつけられる場合もありました。
 一方で、辰巳芸者(※深川が江戸城の南東=辰巳にあったことから辰巳芸者といいます)は源氏名ではなく「権兵衛名」を用いていました。権兵衛名は男名で、辰巳芸者が男名を用いたのは、男芸者を偽装して、遊里への幕府の捜査の目をごまかす狙いがあったためだとか。
 ちなみに、宿場女郎などは一般市井と同じく「おの字名」で呼ばれたそうです。「おの字名」とは、例えば「お七」「お仙」など、「お○○」という呼び方のことをいいます。
 なお、一般市井の女性はこの「おの字名」を普通に用いていますが、大奥では将軍の側室以上でなければこの「おの字名」で呼ぶことはできなかったそうです。
スポンサーサイト



コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

Copyright © コトノハナ。@備忘録 All Rights Reserved.