FC2ブログ

信濃の国①(「長野県」ではなく「信州」)

 もうすぐ「真田丸」放送開始ということで、長野県(信州)についていくつか記事を載せていきたいと思います。

 長野県の国立大学は「信州大学」といいます。旧国名が国立大学として使われているのは、長野県だけなのだとか……。因みに、信州大学のキャンパスは、長野市・上田市・松本市などに点在しています。長野市・上田市はまだ近いにしても、松本市へ行くには長野市から電車で1時間弱かかります。
 長野県は明治維新の廃藩置県の際に生まれた県。それも維新直後は「長野県」と「筑摩県」とがあり、その2県が合併したのが「長野県」です。
 明治維新時の「長野県」は、信濃国のうち佐久・小県(ちいさがた)・更級・埴科・高井・水内の六郡から成り、「筑摩県」は諏訪・伊那・筑摩・安曇の四郡に、飛騨国を合わせたものでした。明治9年に筑摩県庁舎が焼失し、中南信の4郡が長野県に合併され、飛騨国が岐阜県に合併されました。信濃国が行政区画として一体の「長野県」になったのがこの時です。もと筑摩県の人にしてみれば、「なぜ『長野』なのか?」という思いがあり、それが「長野県」よりも「信州」としての意識が強いことに繋がっているといえるでしょう。
 そういえば、長野県の県歌は『信濃の国』という歌ですが…… ほとんどの人が県歌を暗誦できるのは、長野県くらいではないかと指摘している本もありました(長野県関連の本で、著者が長野県ではなかった本だったと思いますが)。
 今は時代が変わって、県民意識というものをあまり感じない人も多くなってきているとは思いますが、『信濃の国』の歌詞は長野県内の特徴をよく言い表した歌ではあります。
 旧長野県と旧筑摩県とが合併してできた「長野県」、何度か分割の案も出たそうですが、この『信濃の国』の歌が素晴らしく、長野県と筑摩県に分割されこの歌が失われてしまうのは惜しいと、分割案が流れたというエピソードさえあるほど。
 『信濃の国』は、長野県民の心を繋ぐ歌のようです。
スポンサーサイト



コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

Copyright © コトノハナ。@備忘録 All Rights Reserved.