FC2ブログ

信濃の国②(「信濃」の由来)

 長野県は「信州」とも呼ばれます。これは長門国を「長州」と呼ぶのと同様で、旧国名は「信濃」でした。
 それでは、「信濃」という国名は、どういった理由から名づけられたものなのでしょうか。
 かつて信濃とは、「科野」と書き表していました(『古事記』に、諏訪神社の祭神である建御名方命が建御雷神に追いかけられた際に、「故、追徃而、迫至科野國之州羽海……(※州羽海は現在の諏訪湖のこと)」と記載があります。このように「しなの」が「科野」と書き表されていたことから、「しなの」は「科の木」(いわゆる栲)からその名をとったのではないか、とする説があります。かつて長野県には科の木が多く自生していたことが、その国名の語源と考える説です。
 もう一つの説として、山を意味する「科」からとったとする説があります。例えば、「しなだゆふ」「しなざかる」などの「しな」は坂の意で、長野の旧名「しなの」という地名も、級坂(しなざか。段丘)が多いためのものではないかと考えられています。賀茂真淵は『冠辞考』で、「山国にて級坂あれば地の名となりけん」と述べています。
 (因みに、国名を漢字二字で表記するようになったのは701年(大宝年間)に確認できます。『和名類聚抄』(※1)(承平年間=931~938年)『色葉字類抄』(※2)(治承年間=1177~1181年)、『日本大文典』(※3)(慶長13年=1608年)全てにおいて、この国は「しなの」と呼ばれていたことが確認できます)
 それでは、一体なぜ、「科野」が「信濃」へと変わったのでしょうか。
 旧国名は、その多くが大宝頃には漢字二字に改められています。ほぼ同時期に作られた『古事記』と『日本書紀』を比較したときに、『古事記』の方が日本古来のやまとことばを採用しており、『日本書紀』の方が漢文に近い記述法を採用しているといわれます。つまり『日本書紀』は、最も身近な外国である中国への対外意識が反映していると考えることができるのです。それと同様に、旧国名の漢字表記が改められたのも、『日本書紀』同様、中国への対外意識が働いたためではないかと推察されます。信濃は音読みすればシンノウと読めますから、中国における発音が「しなの」に近い字を当てはめたのが「信濃」だったのではないでしょうか。

 科の木が多く自生していたためか、はたまた山が多いからか……。
 どちらにしても、長野県に「蓼科」「立科」「浅科」など「科」のつくの地名が多いことからすると、「科野」という地名は、それを名付けた人々の、自分の住む土地に対する愛着がこめられている名前だといえるでしょう。

 附記①:先ほどの『古事記』にある記述(「故、追徃而、迫至科野國之州羽海……」)は、諏訪神社の祭神・建御名方命が諏訪に鎮座する起源を語った話です。
 附記②:『続日本紀』和銅6年条に「畿内と七道との諸国の郡・郷の名は、好き字を着けしむ。云々」とあります。この好ましい字を漢字二字でつけたのが国名のようです。
 附記③:風の神様のことを「級長戸辺命(しなとべのみこと)」、風の吹き起こる所を「科戸」ということから、科は風の意で、「しなの」が風の国と解する説もあるようです。諏訪の神様が風の神であるから、あるいは風が吹き起こる場所であることが、この地名の由来といいます。この説は、テレビ埼玉・群馬テレビ編『中山道 風の旅 軽井沢─馬籠 編』(株式会社さきたま出版会)で紹介されていました。
スポンサーサイト



コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

Copyright © コトノハナ。@備忘録 All Rights Reserved.