FC2ブログ

おせち料理

 「おせち」は「御節供(おせちく)」の略で、かつては節日(元日と節句。人日(1月1日)、上巳(3月3日)、端午(5月5日)、七夕(7月7日)、重陽(9月9日))に神に供える食べ物を指しましたが、次第に最も重要な節日である正月に出される料理を意味するようになりました。
 地域や家庭によって中身や詰め方は異なりますが、祝い肴3種(関東では黒豆・数の子・ごまめ、関西では黒豆・数の子・たたきごぼう)は欠かせないといいます。
 おせち料理は正式には4段で、これは完全数を表す「3」に1つ重ねた数です。「4」(四)が「死」を連想させるため、おめでたい「与の重」と言い表します。一の重には「三つ肴」と「口取り」、二の重には「焼き物」、三の重には「酢の物」、与の重には「煮物」を入れるのが一般的とされます。
 おせちはかつては、主婦が水仕事を控えられるよう、日持ちする料理が入れられていました。今では贅を尽くした料理が入れられることが多くなりました。
スポンサーサイト



コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

Copyright © コトノハナ。@備忘録 All Rights Reserved.