FC2ブログ

花街あれこれ⑥(遊郭25ヶ所)

 『守貞謾稿』に、『洞房語園』に所載の遊廓(官許の遊里)25ヶ所が書かれていました(孫引き)。
 それによれば、

 「武陽浅草の吉原(現東京都)、京都島原(現京都府)、伏見夷町(現京都府)、同所柳町(現京都府)、大坂瓢箪町(現大阪府)、奈良鳴川(現奈良県)、江州大津馬場町(現大津市)、駿府府中弥勒町(現静岡県)、越前敦賀六軒町(現福井県)、同国三国の松下(現福井県)、同国今新庄町(現福井県)、泉州堺北高洲町(現在大阪府)、同国同所南津守(現在大阪府)、摂州兵庫磯の町(現兵庫県)、岩見塩泉津稲町(現島根県)、佐渡鮎川山崎町(現新潟県)、播州室小野町(現兵庫県)、備後鞆〔蟻〕鼠町(現広島県)、芸州多太の海(現広島県)、長門下の関稲荷町(現山口県)、肥前長崎丸山町(現長崎県)、薩州樺島田町(現鹿児島県。正しくは肥前樺島で、現長崎県)、同国山鹿野(現鹿児島県)」

 が、官許の遊里25ヶ所ということです。ただし『色道大鏡』などと比べると異同があるので(『色道大鏡』で廃絶したとされている遊里が『洞房語園』に記されている等)、必ずしもこれが正しいというわけではないようです。
 官許でない遊里を江戸で「岡場所」と呼んだということはよく知られていますが、上方では「外町(そとまち)」と呼んだそうです。京都では、祇園町のことは「河東」といい、大坂では、島の内・坂下等は「南」と呼んだそうです。また、『守貞謾稿』には、「官許にて廓をなすものを花街の字をあて……」とあります。現在「京都五花街」には、祇園も含まれています。
 江戸では遊女町(官許・非官許とも)は「悪所」と呼び、京坂では「いろまち」と呼んだそうです。
スポンサーサイト



コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

Copyright © コトノハナ。@備忘録 All Rights Reserved.