FC2ブログ

「ズートピア」を観ました

 大変遅いですが、「ズートピア」を観ました。
 1回目は「面白い!」という気持ちだけ残って、映像記憶が再生できなかったので(……)、2回観てきました。
 以下にちょっと感想など……。

 ディズニー映画は、昔から「夢見ることの大切さ」を伝えてきていますが、最近の作品では、「夢を叶えることの難しさ」も織り込んで伝えてきているように思います。
 それに加えて、昔からある童話を翻案した「ステレオタイプ」な物語からも脱却しようとしているのだなあ……という試みが、数年前に大ヒットした「アナと雪の女王」からも感じられます(作中に、「Let It Go」を揶揄する台詞があります)。
 色々なところでいわれているので詳しくは省きますが、とくに、人種のるつぼであるアメリカで作られた作品だからか、「差別や偏見」について突きつけています。主人公・ジュディはまさに、「弱い草食動物」であり、「女性」でもあるわけで、差別や偏見の対象となりやすい。しかし、もうひとりの主人公・ニックもまた、ウサギであるジュディからは強者に見えるけれども、「肉食動物」「強者」という逆の差別を受けている。
 メッセージ性に富んだ作品ですが、決して説教臭くなく、見終わった後に気持ちがすっきりするエンターテインメントであるのが良いですね。ジュディが最後に、世界を変えるにはまず自分から、という趣旨のことばを言っていて、「自分に対する偏見」だけでなく、「自分が持つ偏見」にも立ち向かったジュディだからこそ、心にしみる台詞だと思いました。

 ……と、自分の感想が説教臭くなっていけませんね(苦笑)。
 そういえば、ディズニー映画おなじみのパロディなどもふんだんに盛り込まれているようですが、これは映画館で探すのが難しい(苦笑)。ディスクになったらじっくりゆっくり探したいですね。
 私が行った映画館では、吹き替え版しか上映していませんでしたが、字幕だと訳も、元のことばも、色々面白そうです。
 「ズートピア」の設定自体が細かくて魅力的なので、私の好きなサブキャラクター・クロウハウザーやフラッシュの番外編なども、ぜひお願いしたいところです(笑)。
 久々に2回同じ映画を観ましたが、もう1回くらい行きたい……と思います。
 おすすめです!
スポンサーサイト



コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

Copyright © コトノハナ。@備忘録 All Rights Reserved.