FC2ブログ

入梅

 6月といえば、梅雨や休みが少ないことから、何となく憂鬱になりがちな月というイメージがあります。
 とはいえ、田植え前後の稲にとって雨は欠かせないものであり、「梅雨」の字が表すように、梅が熟する頃であることから、農事には欠かせない大切な時期。そのため、江戸時代、二十四節気の一つ芒種(現在の6月6日頃)の後の最初の壬の日を入梅、小暑(7月7日頃)の後の最初の壬の日が梅雨明けと、暦の上で定められました。現在でも、気象庁が「梅雨入り宣言」を発表します。
 梅雨入りは、地方によって異なりますが、暦の上では6月11日頃とされます。
スポンサーサイト



コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

Copyright © コトノハナ。@備忘録 All Rights Reserved.