FC2ブログ

宅建について・番外編3:取引士証の交付申請

 宅地建物取引士資格登録申請が無事に済み、ハガキが届いたら、今度は宅地建物取引士証の交付申請が必要になります。
 とはいえ、ここから先は宅地建物取引業に従事し、重要事項説明などを行う方にのみ必要な作業となります。
 登録は一生なので、必要のない方はとくにする必要はありません。

 宅地建物取引士試験に合格して1年以内であれば、
●宅地建物取引士証交付申請書
●顔写真2枚(1枚は交付申請書に添付)
●印鑑
●登録通知(ハガキ)
●交付手数料(4,500円)
 東京都などでは、これらを持参すれば取引士証が即日発行されるようですが、長野県民である私は申請から一週間ほど待ち、連絡を待って取引士証を自分で受け取りに行きました……。
 なお、試験合格後1年を経過している方は、法定講習の受講が必要となります。

 5問免除の講習、登録講習、法定講習、受験料7,000円、申請手数料37,000円、交付手数料4,500円……と考えると、金銭的にも時間的にもなかなか負担がかかります。
 これらをきちんと取り戻せるようにしたいものです。
スポンサーサイト



コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

Copyright © コトノハナ。@備忘録 All Rights Reserved.