FC2ブログ

沙羅

 誰もが一度は聞いたことのある、『平家物語』の出だし「祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり。沙羅双樹の花の色、盛者必衰の理をあらわす」という一節に登場する「沙羅樹」。お釈迦様が涅槃に入ったさい、沙羅の樹が臥床の四方に2本ずつあったことから「双樹」とされます。
 日本で「サラノキ」というとナツツバキの別名で、日本で本当の意味での「沙羅双樹」を見ることができるのは、草津市立水生植物公園みずの森だけなのだそうです。ちなみに、見られる時期は4月上旬。
 蓮の花も美しく、今はまだ見ごろのようです。Webサイトの写真だと、極楽浄土そのもののような蓮の花園を見ることができるようです。これは行ってみたい……!
スポンサーサイト



コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

Copyright © コトノハナ。@備忘録 All Rights Reserved.