FC2ブログ

【ことのは】はじめに①

 「はじめにことばがあった。ことばは神とともにあり、ことばは神であった。」
 ――ヨハネ伝福音書に記されている、有名な一節です。
 日本人の多くは一神教や聖書についてはあまり馴染みがなく、さらにいえば日常生活で「神」について意識することなどあまりないかもしれませんが、どのような国のどのような民族であれ、固有の神話を持っています。そして、神話とは、国の成り立ちや、さまざまな行事や儀式の来歴を伝える役割を担っているものです。なぜなら、遠い昔には、神話とは現実にあるさまざまな事柄の根拠であり、原理でもあったからです。――というよりむしろ、私たちの祖先が自分を取り囲む世界について理由を求めたときの「答え」として作られたものが、神話だということができるかもしれません。
 たとえば、太陽と月とが姉弟でありながら昼と夜に分かれて天に昇るのは、弟(月の神)が豊饒の女神を殺し、姉(日の神)がそれに怒ったためとされています。あるいはまた、一日に多くの人が亡くなり、かつ多くの人が生まれるのは、黄泉の国の女神とそのかつての夫とが、そのように言い争ったからとされています。人間の寿命が桜の花のように短いのは、ある神様が美しい桜の女神と結婚し、醜い石の女神は退けてしまわれたからとされています。もしその神様が石の女神を退けることがなかったならば、人の寿命は桜の花のように儚いものではなく、石のように永くなっていたことでしょう。――上記三つの逸話は、おもに宮廷のなりたちを描いた『古事記』『日本書紀』にある神話ですが、その土地固有の事物の由来や、行事・儀式の起源にまつわる神話は、日本各地にある土着の神話・伝説に残されています。
 神話とは、文学の始まりであると同時に、物語の極致でもあります。神話はまた、文化の基盤でもあります。そして、その神話を紡ぎ、伝える〈ことば〉とは、ヨハネ伝福音書にある通り、神そのものととらえられるかもしれません。いえむしろ、「神」を「神」として規定し、呼ぶのが〈ことば〉であるならば、人は〈ことば〉によって神を発見したとすらいえます。
 それでは、〈ことば〉とは一体、何なのでしょうか。
 日本語の〈ことば〉とは、「こと」と「は」とに分けられます。〈ことば〉は、漢字で「言」の「葉」と書きます。そして、昔の人はことばのことを「言の葉」とも呼んでいました。それでは「こと」の「は」とは、一体どのようなものなのでしょうか。
 「こと」というと、同じ読みのことばに「事」があります。漢字ではそれぞれ「言」、「事」となりますが、この二つのことばは、ほんらい語源が同じであるとされています。
 つまり、昔の人にとって、「事」と「言」とは切り離せないものだったのです。なぜなら、口に出された「言」が、現実の「事」になる――そう考えられていたからです。
 口に出された「言」が「事」になるというこの考えは、「言霊(ことだま)信仰」と呼ばれます。「ことだま」とは、ことばに宿る霊力のことで、「ことばには霊力が宿っている」というこの考えは、古来、日本にある考え方です。
 ただ、「ことば」という語からも分かるように、〈ことば〉とは現実の「事」そのものではありませんでした。「ことば」の「ば(は)」は、「端(は)」のことだといわれています。つまり「ことば」とは、「こと」の一部、ということになります。
 「ことば」は「ことのは」とも表されますが、この表現は日本最初の勅撰歌集『古今和歌集』仮名序(仮名で書かれた序文)に見られます。『古今和歌集』仮名序は、平安時代前期の歌人である紀貫之が著した歌論・歌学の出発点といわれる有名な文ですが、そのなかに、

やまと歌は人の心を種として、よろづの言の葉とぞなれりける


という一節があります。
 ここでいう「言の葉」とは和歌の意味と解されますが、「言の葉」とは、人の心を種として表れ出た「葉」なのだと、ここには書かれています。種となる人の心は見えません。けれども、人の口から出た「言」の「葉」によって、私たちはそこに託された人の思いを知りますし、その「ことば」の意味を想像するのです。「言の葉」とは、「こと」の「は」(端)、つまり「こと」を形成する一部に過ぎないものですが、ことばが単なる字の連なりではなく、「葉」のように、心を種として生じ、広がり生い茂るものという考えから、この漢字があてられたのだということができるのではないでしょうか。
 そしてその〈ことば〉は、神話だけではなく、さまざまなものを生み出しました。〈ことば〉によって神へ訴える(=ウッタフ)ことが、歌うこと(=ウタフ)の始まりといわれています。〈ことば〉は誰かにものを伝えるための手段ですので、自分たちの祖先がどのような人であったのかを伝えるために、また自分たちの得た知識や子々孫々への訓戒を残すために、伝説や昔話が生み出されました。現在では、それらは総じて「文学」と呼ばれています。
スポンサーサイト



コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

Copyright © コトノハナ。@備忘録 All Rights Reserved.