FC2ブログ

言霊信仰

2019.04.17 17:43|ことば
 新元号「令和」が『万葉集』由来のものだとされ、『万葉集』研究の第一人者・中西進氏が時の人となりました(令和の考案者であることは否定されていました)。
 私は以前、中西進氏の書かれた『ひらがなでよめばわかる日本語のふしぎ』(2003年、小学館。新潮文庫より『ひらがなでよめばわかる日本語』と改題されて文庫版でも出版されています)に感銘を受け、何冊か著作を持っています。ブログでご紹介したような気がしますが、もしかしたら載っていないかもしれません……。
 記・紀についてはそれなりに調べたのですが、『万葉集』についてはサイトにはほとんど載せていませんでした。
 山部赤人の有名な「天地の分れし時ゆ神さびて……」の歌や、言霊信仰をよく表した「磯城島の日本(やまと)の国は言霊の幸(さきは)ふ国ぞま幸くありけり」という歌などは『万葉集』に収められています。
 「磯城島」は、崇神・欽明天皇が都を置いた大和の国(現在の奈良県)の磯城郡のことをいい、「日本国」の異称です。この場合は「日本(やまと)」にかかる枕詞。 「幸ふ」は「豊かに栄える」の意。なのでこの歌を現代語訳すると、「日本の国は、言霊(=ことばの霊力)で豊かに栄える国であり、(ことばの力によって)繁栄して欲しい」というような意味になります。
 言霊はことばに宿る霊力のことで、上代の人々は、ことばやその使い方が、人の幸不幸を左右すると信じていました。おめでたいことばによって将来の幸福を祈れば、それが実現できるというふうに、です。それと同様に、呪詛のように「ことばによって人を不幸にする」という考えもありました。
 祝詞(神を祀るときに奏上することば)、寿詞(天皇に奏上する祝福のことば)などもその信仰のあらわれといえます。「祝詞(のりと)」の語義には諸説ありますが、本居宣長の「天子が宣(の)り説くことば」、とするのが広く受け入れられている解釈のようです。祝詞の中によく見られる「称辞竟へまつる」「辞竟へまつる」は、「たたえごと(讃辞)を申し上げる」の意で、祝詞を読み上げることをいいます。祝詞や寿詞は、まさに神々と天皇の御世をことばによって祝福し、国の平安を願うものでした。
 現在も、「言祝ぐ(ことほぐ)」(「寿ぐ」とも)ということばを用います。これは「言葉によって祝福」するという意味です。「寿く」(ことぶく)も、「言祝ぐ」の転といわれています。ちなみに、「祝ぐ(ほぐ)」は、「良い結果となるよう祝いの言葉を述べる」以外に、「悪い結果となるよう呪詞を述べる」の意味もあります(「祝」と「呪」はどちらも「ほく」と読み、この二つは共通点があるとされていました)。「祈る」という語は、「斎(い)告(の)る」から出たことばで、神聖な神仏の名を呼ぶことで、幸福を請い、願うことばです。名前はその人の本質を表すもので、みだりに呼ぶことが避けられていました(忌み名の考えなどがそうです)。これも一つの言霊信仰といえるでしょう。余談ですが、「言(こと)」は「事(こと)」と同源であったと考えられています。これは、「ことばに出されたものが実際の現象となる」という考えの反映であるのかも知れません。

 日本人に古くから根付いている言霊信仰。現存最古の和歌集である『万葉集』にはその考えが如実に表れています。
 その『万葉集』から考案された「令和」という元号。
 名づけた方の想い、これからその時代を迎える私たちの想いが報われるような、よい時代にしていきたいですね。
スポンサーサイト



テーマ:日本文化
ジャンル:学問・文化・芸術

Comment

非公開コメント

| 2019.11 |
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

ページトップへ