FC2ブログ
14:11:39
04

身近な地名

 引き続き、地名について調べています。

 とくに珍しい地名ではないのですが、長野県にある私の実家の近くに、「住吉町」という地名があります。大阪府にあるあの有名な住吉大社の末社である住吉神社が鎮座しているのですが、住吉大社といえば海上安全の神様という印象が強く(祭神である住吉三神が海に関連する神様のため)、なぜ海のない長野県に? と思っていました。
 ところがある時、長らく不動産業に携わっている方から、「『住吉』という地名は、住むのにあまり良くなかった土地だからこそつけている場所が多い」と聞き、なるほど、と思いました。これもいわゆる言霊信仰の一種です。
 もともと住吉は、スミノエ──「エ」は「江」つまり海に関連する地名──でしたが、「よい」を意味する上代語に「エ」があったことから「吉」の字を借りていたものが、「スミノエ」の「エ」が「ヨシ」と交替してスミヨシとなったようです。そしてスミヨシ──住吉はそのまま、住むのに良い場所ということで、住むのにあまり良くなかった土地を言霊の力で良くしようと、各地で名づけられていったと考えられます。葦(あし・よし)の生えている場所という意味で名づけられたアシワラが、めでたい意味での「吉原(ヨシワラ)」になったのと同じです。
 また、これも先ほどの住吉の件について教えてくれた方から聞いたお話ですが、「日向」という地名は日陰につけられることが多くあるのだそうです。もちろん、すべての地名がそうというわけではないでしょうが、ことばの力で土地を良くしようという人びとの意識が感じられる命名です。
 そういえば、比較的近年になってつけられた新しい地名は、耳に心地よい地名が多いです。例えば「美里」。美しい里です。また、「○○が丘」なども、聞く人におしゃれな印象を抱かせます。「美里」は私の出身地の市にも、また隣接する市にもある地名なので「おや?」と思ったのですが……。「ひばりが丘」「自由が丘」などの地名がどういった場所にあり、どういった印象を抱かれているのかは、多くの方がご存知の通りです。
 とはいえ、安易な地名改称は非難されがちです。長年住んでいる地域の方の愛着もありますし、何より地名とはその場所につけられた「名前」です。人一人の人生よりずっと長い間、多くの人にその名を呼ばれ、詠われ、愛されてきた土地の名前なのです。
 災害地名のように、その土地が「どのような土地か」を、地名は示しています。それは後世の人びとにその土地の孕む危険性を伝えるものであったり、注意を促すものであったりします。また、それとは別に、先ほどの「住吉」や「日向」のように、例え少しばかり不便であっても、自分たちやその子々孫々が暮らしてゆく土地に愛着を持ち、良い土地であって欲しいと願う気持ちが込められた地名も、数多くあるでしょう。
 自分の住む地域だけでなく、近隣の土地などの地名についても、もう少し調べて考えたいものです。
スポンサーサイト



0 Comments

Add your comment