FC2ブログ

方角の話③

 中国の陰陽五行説が四神相応の地とされ、平安京造営に影響を与えたことはよく知られています。たとえば、東(方位)は色が青、季節が春、地勢は流水、四神は青龍です。ここからいわゆる「青春」ということばが生まれました。そして、対となる西からは「白秋」ということばが生まれています。西は色が白、季節が秋だからです。朱夏、玄冬ということばも同じです。なお、方位ですと東西南北で終わりとなってしまいますが、五行では中央があり、色が黄、季節が土用です。土用は1年に4回あり、それぞれ立春・立夏・立秋・立冬の前の日までの18日間のことをいいます。
 最も有名なのは夏の土用で、土用の最初の日(土用入り)から土用の最終日(土用明け)までを暑中といい、1年で最も暑い時期でもあります。
 土用丑の日にウナギを食べるのは、平賀源内の発案だということはよく知られています。江戸時代にはすでに、土用丑の日は体調を崩しやすいという俗信がありました。陰陽五行説にあてはめると、暑さは「火」で、これに相克するのは「水」。そして水の色は黒とされていました。なので、黒いウナギは、「火」の暑さを消すものとしてちょうどよいと考えられたようです。
スポンサーサイト



コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

Copyright © コトノハナ。@備忘録 All Rights Reserved.