FC2ブログ

Excelでグラフを作る・1 グラフの種類について

 Excelでグラフを作成するのは、とても簡単です。なぜなら、グラフにしたい範囲を選択し、[挿入]タブの「グラフ」グループから、グラフの種類を選ぶだけだからです(Excel2013になると、「おすすめグラフ」という機能が付け加えられ、さらに機能性が上がりました)。作業自体はとても少ないのです。
 グラフの種類や機能が豊富で、むしろ、「どの種類のグラフを選んだらよいのか?」という点で迷うことが多いようです。
 グラフの種類の目安としては、一般的に以下のようになっています。

 棒グラフ:データの大小関係を示すのに用いる。縦軸にデータの量、横軸に日付などが入る
 折れ線グラフ:時間の経過による推移(データの増減)を表すのに用いる。縦軸にデータの量、横軸に時間などが入る
 円グラフ:割合、内訳などを示すのに用いる。すべてを合算すると100%となる
 積み上げグラフ:総数と内訳を示すのに用いる。数の違うもの同士の項目ごとの割合を比べる
 レーダーチャート:複数の特性間のバランスを示すのに用いる
 複合グラフ:単位の異なる複数の要素の関連性を示すのに用いる。基本的に、主軸は左側となる

 グラフを作るさいの範囲の選択にも迷いますが、円グラフなどは「合算が100%」なので、グラフを作成するさいは、元データの「集計(合計)」などは範囲に含まずに作成する必要があります。
 Excelでは基本的に、データを入力するさいには、「連続して増加するデータは行方向(下方向)に入力していく」ということを意識していくと、グラフ作成のさいにも縦軸をどの値に使うかなど、迷わなくてすむようになるかと思います。
スポンサーサイト



コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

Copyright © コトノハナ。@備忘録 All Rights Reserved.