FC2ブログ

Excelの基本あれこれ・10 検索と置換

 先週の土曜日(2日)に、MOSのExcel Expert(2010)を取得しました。
 Expertレベル……でしたが、私の苦手な財務関数やWhat-If分析の「データテーブル」などは出てこなかったので、それほど難易度は高くなかったように思います(それでも得点900点で、これまでのMOS試験の中で一番低い出来でした)。出題の傾向が回によってかなり変わるそうです。私の受験した回では、ピボットテーブルやピボットグラフが多く出てきました。
 得点はさておき無事取得できましたので、あとPowerPointと、Word 2010 Expertを取得して、頑張ってMasterを目指したいと思っています。
 WordのExpertは一番難易度が高いそうですが、参考資料、差し込み文書、校正・校閲機能など、役に立ちそうなものが揃っています。MOSのために勉強をしていなかったら、Office製品の機能は全く使いこなせていない、宝の持ち腐れだったのだろうなあ……。
 やっぱりちゃんと勉強しないで知ったかぶりしていては駄目だなあと、つくづく感じました。
 そんなわけで、今回も意外と使えるExcelの機能「検索と置換」です。

 [ホーム]タブ→「編集」グループ内の「検索と選択」から、検索と置換を行うことができます(ショートカット:Ctrlキー+F)。
 このとき、「オプション」ボタンから書式を設定すると、特定の書式の語だけを検索したり、置換したい語の書式も同時に変えることができます。

kensakutochikan002.png

 また、同じく「検索と選択」ボタンにある「ジャンプ」(ショートカットキー:Ctrlキー+G)の「セル選択」ボタンから、さまざまな選択オプションを選ぶことができます。
 たとえば、「コメント」であれば、シート内のすべてのコメントを選択することができます。シート内のすべてのコメントを削除したい場合にはとても便利です(※)。
jump001.png

jump002.png

 ほかにも、「可視セル」を選択すれば、アウトラインなどで下位レベルが折りたたまれた表を、非表示になっている行・列を含まずにコピーすることができます。

 ※……ブックからコメントと注釈をすべて削除したい場合は、[ファイル]タブから「情報」を選択し、「ブックの検査」内の「問題のチェック」→「ドキュメント検査」から「コメントと注釈」を検査したうえで、コメントと注釈を「すべて削除」します。ドキュメントのプロパティと個人情報、ヘッダーとフッター、非表示の内容なども、ここから一気に削除できます。
スポンサーサイト



コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

Copyright © コトノハナ。@備忘録 All Rights Reserved.